新機能紹介 V3.5

ここで説明する内容は新機能の一部ですので、詳しくはヘルプで確認してください。

 

プリセット設定のコピー と 絞り込み

ツリーのプリセット名上に右クリックすると、設定をコピーするためのメニューが表示されます。
メニューよりコピー元を選択すると、選択元の全ての設定(メーターの任意配置情報も含む)がコピーされます。似たようなプリセットデザイン(ユーザープリセットのデザイン)を作成する場合に特に有効です。
なお、ユーザープリセットの設定を固定プリセットにコピーする場合は、「選択した設定」はコピーされません。

また、「選択可能な設定」の一覧は、リスト上部のドロップダウンリストにて特定のメーターに絞り込むことができます。

 

メーター設定のグループ管理

ツリーのメーター名を選択すると「フォルダ作成」のボタンが有効になり、フォルダを作成することができます。
フォルダは1階層のみで数に制限なく作成出来ます。
メーター設定をグループに移動させる時は、メーター設定をドラッグしグループ名の上でドロップします。
フォルダを選択している時に「新規作成」を行うと、メーター設定はそのフォルダ内に作成されます。フォルダ内のメーター設定を「コピー」するとそのフォルダ内にコピーされます。

 

 

複数選択モード時のプレビュー

V3.5から複数選択モード時もメーターのプレビューが行えるようになりました。
ただし、設定を行うための選択(チェックボックスのOn)とは無関係にプレビューするので注意が必要です。

上の画像の例では、フレキシブル・バーのメーター設定を幾つか選択していますが、プレビューはピアノロールグラフが表示されています。

 

 

フレキシブル・バー

処理対象とするもの、及び描画に柔軟性があるメーターです。
上の画像では複数個のフレキシブル・バーを用いて左右チャンネルが上下に別れたスペクトラム・アナライザーとして利用しています。
ブロック型で表示していますが、塗り潰しにすることも、またブロックのサイズや数を変更することもできます。
処理範囲、グラデーション方向やその階調、文字列の表示、またサイズも自由なので、従来のメーターでは表現できなかった見た目(プリセットのデザイン)が作成出来ます。


STEP.1 はじめてのFRUITY

STEP.2 プリセットの設定

STEP.3 メーターの表示

STEP.4 その他知っておきたいこと